FC2ブログ

Photo & Essay

◎  ノルウェー紀行・ヴィーゲラン彫刻公園(1) 


32万㎡の「ヴィーゲラン彫刻公園」には
ノルウェーの彫刻家
グスタフ・ヴィーゲランの作品だけが展示されている。
テーマは「人生の諸相」で
老若男女の人物像600体以上が展示されている。
(解説記事は下記も含めてWikipediaより抜粋)


1IMGP4226.jpg

モノリスの台地

中央に聳える石柱モノリッテンは
高さ14.12メートル
121人の人物像が浮彫にされている。
これらの人物は裸体で抱き合うようにもつれ合い
積み重なりながら空へと伸びている。
これは
精神的なもの
聖なるものにより近づこうともがく人間の欲を表しているとされる。

以下
だんだんと近づいて撮っている。


2IMGP4227.jpg




3IMGP4232.jpg




4IMGP4237.jpg


今になって調べてみると
この庭園には奥の方から入場して
最後に正門から退場しました。
逆順で見たのですが
撮った順に連載していきます。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

capucinoさん

モノリスの台地
中央に聳える石柱モノリッテン
1枚目から最後に至るまで・・・・
capucinoさんとご一緒に歩いているかのごとく感じます
近づくにつれて・・・・
石柱モノリッテンのその壮麗さに 驚嘆する思いです

「聖なるものにより近づこうともがく人間の欲を表しているとされる。」
人と人が重なり合い 苦しみ 悲しみ
数知れずの姿を表現していますね
それは 膨大な人の数であり
単にそれだけではなく 人間の内生をここに印ているかのようです
素晴らしい彫刻
明日からの日々が楽しみです

2015/03/11(水) 19/59|URL|りら [edit]

りらさん

この彫刻公園には
何の予備知識もなしに訪れましたから
目の前に広がる彫刻群が何を意味するから意図するか
考えもしないで
ただ見とれて
撮って
そんなひと時でした。

「この高い石柱は全部人間の像でできているんですよ」
といった程度の現地ガイドの説明だったと思います。

テーマが「人生の諸相」だなんて
あるいは石柱の意図する所が
「聖なるものにより近づこうともがく人間の欲を表している」だなんて
ブログに載せるに当ってWikipediaを見て知った次第です。

りらさんにとっては初めての彫刻だと思います。
私も同じレベルで見ています。

2015/03/19(木) 15/13|URL|capucino [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://capucino.blog.fc2.com/tb.php/1704-259588f2

back to TOP