FC2ブログ

Photo & Essay

◎  童子堂(2) 




11IMGP3659.jpg

本堂

ハイキングの人たちもいるし
家族連れもいるし
かなり賑わっている。


12IMGP3661.jpg

本堂の額


13IMGP3663.jpg

本堂側面の木製欄干


14IMGP3655.jpg

茶の花

童子堂を出ると
道路脇に咲いていた。


15IMGP3677.jpg

道路からの風景

手前から
草原、稲、セイタカアワダチソウ、森。

--------------------------------------

童子堂の説話

『秩父観音霊異記』に
讃州(香川県)で
飢えた行脚僧に食事を恵まなかった金持ちの農家の主人が
その罰で息子を犬に変えられてしまい
罪を悔いて
四国・西国・坂東の各霊場を順拝し
ここ秩父の童子堂まできたところ
息子が犬の姿から人間の姿に戻ったことが
書かれているそうである。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

capucinoさん

一枚目のお写真
人の賑わいがよく理解に及ぶお写真ですね

二枚目のお写真
本堂の額の周りの彫が素晴らしいですね

三枚目のお写真
この木製欄干にも惹かれますよね

四枚目のお写真
茶の花
日本茶の花ですよね
可愛い花ですね

最後のお写真
「手前から草原、稲、セイタカアワダチソウ、森。」
真面目なお人柄が表れているお言葉
好感が持てます

童子堂の説話
親が子を想う・・・・
いいお話しですね
ありがとう

2015/03/04(水) 06/20|URL|りら [edit]

りらさん

いつも暖かいコメントありがとう。
長い年月
拝まれながら古びてきた本堂の建物の
「古び」に惹かれています。

最後の写真の言葉は
あまりにも真面目すぎたようですが
「好意」を持って頂き感謝です。

2015/03/04(水) 17/23|URL|capucino [edit]

Trackback

トラックバックURL:https://capucino.blog.fc2.com/tb.php/1681-0697e27d

back to TOP